カテゴリ:GP観戦( 8 )
大治郎ストリート イタリアGP 2005 番外編
2005年の6月、イタリアGPの翌日に大治郎ストリートに行ってきました。

d0107978_21482376.jpgレースの翌朝、フィレンツェからリミニに向かいます。
朝、フィレンツェ駅に向かう途中、すれ違った人が持ってた新聞にロッシらしき姿が。駅に着いて切符を買ったあと、売店へ行って探しましたが、それらしきものは見つかりません。
お店のおじさんに「新聞ください。MotoGP!バレンティーノ・ロッシ!!」と言ったら、
おじさん、奥から取り出してきた新聞のロッシの写真を指差しながら、「イタリアン・ニュースぺーパー、OK?」 
当然ながら、ロッシの名前を出しただけで買えました。

d0107978_2152047.jpgボローニャ行きの列車が遅れたせいで、リミニについたのは予定よりかなり遅くなりました。
ツーリストインフォメーションでサン・マリノの地図と時刻表をもらいましたが、時間が遅かったので、その日の観光は無理とのことでした。
リミニ駅近くのホテルにチェックインしてから、ふと、大治郎ストリートだけでも行けるんじゃないかと思ってフロントに行ってみました。

d0107978_21574127.jpg「ここからミザノサーキットへはどうやって行ったらいいですか?」と、「Misano circuit viale Daijiro Kato」と書いたメモを見せると、「あ~、バスかタクシーだね」
フロントのおじさん、誰かに電話してます。
「今、大治郎ストリートに行きたいというジャポネーゼがここにいるんだが・・・・・」(イタリア語なので多分こんなかんじ)

d0107978_2222747.jpg電話が終ると「ちょっと待っててね」
「明日サンマリノに行くんですけど、ミザノサーキットは近いですか?」
「いや、サンマリノは山手のほう、ミザノは海岸にある。方向が全然ちがうよ」
フロントのおじさん、地図を書いて説明してくれました。
実は、私は、ミザノサーキットがサンマリノにあるとずっと思い込んでいたのですが、どうも違うようでした。

d0107978_2294232.jpg
そうするうちに、電話がかかってきて、タクシーで、と言ってるようです。
「OK,タクシーね」
「いや、ここからタクシーだと高くつきすぎる」
おじさん、今度はパソコンをカタカタ操作して、ディスプレイを指しながら、
「ここからリッチョーネ駅まで行ってそこからタクシーに乗りなさい。それからサーキットって言っても通じないからね。なぜなら彼らは英語を話さないから。オートドロモって言うんだよ。」
名刺に「AUTODROMO MISANO」と書いて渡してくれました。
なんとすばらしい・・他の説明なども細やかで、とてもプロフェッショナルなおじさんでした。
このホテルは駅からすぐ近く、部屋は広くてバスタブがついてるし、朝食は他ではなかったシリアル、ヨーグルト、ハムがありました。
とてもお勧めです、ホテルナポレオン。

おじさんのおかげで、リッチョーネ駅についてからも、スムーズに事が運びました。
タクシーの運転手さん、私が英語をしゃべると、ちょっとおびえたような反応をみせるのがおもしろかったです。でもいい人でした。無口で素朴な感じの人です。

大治郎ストリートは静かな場所にありました。
写真を撮ったり、歩き回ったり、運転手さんはイライラしてないだろうかと思って見てみると、車のドアを開けてのんびり新聞を読んでいます。(まだ戻らなくても大丈夫みたいだ)と思って、またうろうろ。
ゆっくり気持ちよく過ごせたので、料金を払った時、
「おつりはいいです、OKよ」
と言ったら、それまで無口だった運転手さん、嬉しそうな顔をしたかと思ったらすごい勢いで話し始めました。
イタリア語だったので、何言ってるかさっぱりわからなかったけど、「カトー、カトー・・・」と言ってます。(ああ、イタリア語がわかったらなぁ・・・)と思いながら、「またここに来るからね。ありがとう」と言って、差し出された手に握手してタクシーを降りました。

d0107978_2238284.jpg


ミザノは明るい陽気な海の町でした。今年は、9月にサンマリノGPがあるので、観戦に行く人たちもいっぱいいるのでしょうね。いいなぁ。またいつか行きたいです。
[PR]
by millejardin | 2007-07-04 22:49 | GP観戦
オランダGP 2004
d0107978_2144388.jpg
MotoGP第9戦、オランダGPが開幕しました。

オランダGPは2004年に行ってきました。
面白かったけど、ダッチウェザーに悩まされた、というのが一番の思い出でしょうか。今年のルマンのように・・・
6月も下旬だというのに、予選2日目は真冬のような寒さで、翌日の決勝は真夏の暑さ。
天気がいきなり変わって、雨が降ったり、晴れたり。雲の動きが早いこと、早いこと。
d0107978_21542139.jpg


予選2日目は、皮ジャンを着てる人が多かったです。雨が降ったりやんだりで、寒さ除けのためにもレインコートをずっと着ていました。
早朝、フランクフルトから鉄道を2回乗り継いで来て、くたくたな上に、ひどい寒さで本当に参りました。
d0107978_21591329.jpg

そして、決勝の日。
席は最終コーナー前のエリアです。一番前の列だったので、フェンスが思いっきり邪魔です。なんだか写真撮る気もなくなりました・・・
d0107978_22196100.jpgアッセンではビールを飲んでいる人が多かったです。でも、持ち込みは出来ないみたい。
入り口で荷物検査がありましたが、ビールを取り上げられている人がいました。
それはさておき、みんな飲み終わった空き缶を、フェンスに向かって投げつけるのですねー。
フェンス前はごみ溜めと化していました。危ないし~。酔っ払いは怖いし~。


d0107978_22211075.jpg観客の人達はインターナショナルでした。まわりではドイツ語、イタリア語、スペイン語が飛び交っていました。
印象的だったのは、最終ラップの、最終コーナーで、それまでトップを走っていたジベルナウをロッシがパスした瞬間、みんな立ち上がって拍手、ロッシの勝利に喜び、湧き上がったこと。
スペイン人もたくさんいたのに、みんなロッシファンだったのね、と改めて、ロッシのヨーロッパでの人気を思い知らされました。


d0107978_22361142.jpgレースの翌日から、オランダ、ベルギー、ドイツを旅行して回り、最終目的地、フランクフルトへ到着。
ドイツには、モータースポーツ専門の新聞がありました。週刊みたいですけど。
帰国の前の日に、本屋さんに行ったら、ナンバー6の黄色いマシンが第1面に。(ちょっと、シューマッハが大きいですけど。)
「おおぉー」と叫びそうになりました。玉田誠選手、ブラジルGPで優勝です。
「早く帰って、NHKBSの再放送が見たい・・」、帰国するのがすごく楽しみになりました。
[PR]
by millejardin | 2007-06-29 23:00 | GP観戦
カタルーニャGP 2006 おまけ
d0107978_1115990.jpgバルセロナに滞在中、朝食は通りを隔てたところにあるカフェで食べました。
途中にある地下鉄の入り口で毎朝配られていたのが、フリーペーパーの20ミニッツ。
ちょうどワールドカップサッカーのドイツ大会が開催されていて、話題の中心でしたが、GPの決勝の翌日はしっかり1面に載っていました。

d0107978_11235932.jpgスペインでも日本人選手といったら中田ヒデさんのようで、テレビでも良く見ました。


スポーツ新聞でも中心はワールドカップでした。
d0107978_1127540.jpgd0107978_11291131.jpg


SOLO MOTOという雑誌を買ってみました。2冊組みになっています。
レースから1週間も経っていないのに、レースの模様がしっかり載っていました。
d0107978_11301443.jpgd0107978_11303232.jpgd0107978_1130449.jpg
[PR]
by millejardin | 2007-06-10 12:15 | GP観戦
カタルーニャGP 2006 
d0107978_1612514.jpgMotoGP第7戦カタルーニャGPが開幕しました。
バルセロナは、昨年行ってきました~。
というわけで、ここで少し、昨年のバルセロナの様子を振り返ってみると・・・

予選の日のお昼前にバルセロナ入りをして、午後からサーキットへ向かったのですが、結果的にサーキットの最寄の駅に着いたのが夕方5時過ぎ。


d0107978_16143316.jpgといっても、サーキットまでのアクセスは非常に良く、バルセロナの中心部から近郊線に乗って約30分、Montmelo´駅で降りてあとは徒歩で30分ぐらい。1本道なので迷う心配もありません。

d0107978_16264385.jpg実は降りる駅に気付かず、乗り過ごしてしまったのでした。予選を見逃してしまいましたが、仕方ありません。
翌日、決勝の日は午前10時ぐらいにサーキット入り。当日券で指定席が買えました。
それからものすごい炎天下のもとで観戦。

d0107978_16324155.jpg

d0107978_16455898.jpg

d0107978_16462251.jpg

さすがにというか、当然というか、ペドロサキャップを被った人が多かったです。

d0107978_1743730.jpg
d0107978_1745355.jpg面白かったのは、最初ガラガラだったシートが250の決勝の途中ぐらいで埋まったこと。
みなさん、のんびりしています・・・。

d0107978_1647421.jpgMotoGPクラスは1週目に多重クラッシュが起きました。再スタートとなりましたが、その後もリタイアが続き、ペドロサや中野選手までいなくなり、ちょっとがっかり。レーストラックが、がら~んとした感じになりました。

スペイン人の熱狂振りもかなり面白くて、足をどんどん踏み鳴らして、手拍子あり、ウェーブあり。楽しかったです。

痛いぐらいの暑さには閉口しましたが、魅力いっぱいの場所でした。また行きたいです。
[PR]
by millejardin | 2007-06-09 17:36 | GP観戦
イタリアGP 2005 その2 決勝当日
d0107978_10433217.jpg決勝の朝。
この日もダヴィさんに同行させてもらうことになりました。この日はお友達も一緒で、3人で行きました。朝6時にフィレンツェ駅で待ち合わせ。早く行かないと、道中ものすごく混雑するようです。駅には黄色のロッシTシャツを着た人がいっぱいでした。列車も満員です。
ボルゴ・サン・ロレンツォ駅に着くとシャトルバスが3台停まっていました。すぐにバスに乗り込んでサーキットへ。ムジェロは朝もやに包まれていて空気がさわやかでした。


d0107978_10524369.jpgレースはすごい迫力ですばらしかったです。
というか、あまりのスピードに驚きました。ホームストレートの部分、信じられない速さでした・・・。見てるほうが失神してしまいそう。
イタリア人の熱狂振りが面白いなぁ、と思っていましたが、なるほど、熱狂するよね~、と思いました。


d0107978_11163390.jpg
d0107978_11164566.jpg
d0107978_111735100.jpgMotoGPクラスのレース後は表彰台の近くまで行ってきました。そして興奮したロッシファンに押しつぶされそうになりながらも、精一杯腕を伸ばして写真を撮ったのでした。(ギャ~、押さないでぇ~!!)


d0107978_16101671.jpg



d0107978_11265813.jpg表彰が終ると、たくさんの人がコース上に入ってきました。バイクの人達も次々と。
そこら中でみんな写真撮影を始め、私達も写真を撮りながらうろうろ。
しばらく歩きまわったあと帰路につきました。





今日も歩いて駅まで向かいます。今日の5kmはきつかった・・・昨日はずっとおしゃべりしてたけど、今日は疲れ切って、黙ってもくもく・・・
シャトルバス、帰りは第1便に乗らなければすごい渋滞に引っかかり、どんどん遅くなるそうです。歩いたほうがずっと早く帰れるとのこと。
おかげでフィレンツェに早く到着することが出来ました。埼京線も真っ青の、ものすご~い満員電車でしたが。
親切なイタリア人に助けてもらって、本当にラッキーでした。ひとりだったら路頭に迷っていたかもしれません。が、これに懲りずにまた行きたいと思いました。
[PR]
by millejardin | 2007-06-03 12:12 | GP観戦
イタリアGP 2005 道中記
MotoGP第6戦、イタリアGPが始まりました。
ドゥカティの1・2フィニッシュの目論見が当たるか、が今回の見所でしょうか?カピロッシも調子を上げてきているので興味深いところです。
予選結果は一位からストーナー、バーミュレン、ロッシ。面白いレースになりそうです。

d0107978_22293955.jpgイタリアGPは2005年に観戦に行ってきました。

「GP観戦」というカテゴリーも作ったことですので、ここでは2005年のムジェロ行きの道中を少し振り返ってみたいと思います。
予選2日目から行ってきました。まずはその日から。
まず最初に、宿泊はフィレンツェにしてそこから通うことに。ムジェロのホテルやB&Bを当たってみたのですが、予約が取れませんでした。

d0107978_22245485.jpg少し辺鄙な場所にあるようで、最寄りの鉄道の駅からサーキットまで約5km、どうやって行ったらいいのかわかりません。メールで問い合わせしてみると、町の中心からバスが通ってるとの返事です。
フィレンツェのホテルで、フロントのおじさんに尋ねて確認しました。おじさん、パソコンで調べてくれて、駅からバスがあり「バス停からサーキットまで500mだよ」これで一安心です。


d0107978_22451899.jpgところが実際はバスはなかったのでした。
最寄の駅、ボルゴ・サン・ロレンツォ駅に着いて売店のおじさんに「バス停はどこですか?」と尋ねると「ないよ」と言われてしまいました。そしておじさんは、お店の中の人達に向かって、「誰か英語しゃべれるやつはいるか?」(多分そんな感じのこと。イタリア語だったので。)と言い、


d0107978_2395380.jpg一人の若者が来て「ここからタクシーはあるけど、バスはないよ。僕は昨日歩いて往復したよ。」と答えてくれました。おじさん、さらに外に出て、タクシーの運転手さん?に「おーい、このシニョリーナを乗せていってくれ!」(多分ね、多分。)と叫び、順番を待つことになったのでした。
これで最大の懸念だった「サーキットにたどり着く」という目的が果たせそうです。


d0107978_23205886.jpgほっとしたのもつかの間、英語を話すイタリア人、ダヴィさんが、あと2人に声をかけて4人で相乗りすることになりました。「これで一人5ユーロだよ。」どうも恐れ入ります・・・
サーキットに無事に着くことが出来て、もう大丈夫と思ったのですが、ムジェロはなんだか混沌とした所でした。
中に入っても、バイクがばんばん走っていて轢かれそうになるぐらいです。排ガス臭いし。


d0107978_23314427.jpgそしてキャンピングカーがいっぱい駐車していてテントもあちこちに立っています。
エリア分けがされていないのですね~。ダヴィさんの「サーキットを案内してあげようか?」という申し出を受けてよかったです。ひとりだったら道に迷っていたかも。
サーキットをぐるりと一回りしてみて、コースに高低差がかなりあったのが印象的でした。
帰りは駅まで歩いて帰りました。まわりは家や建物もほとんどなく、一人だったらつらかったかも。あと1kmぐらいかというところで、通りがかりの人が車に乗せてくれました。人生で初めてのヒッチハイクです。ラッキー。
[PR]
by millejardin | 2007-06-02 23:56 | GP観戦
フランスGP 2007 その2
MotoGP第5戦、フランスGPの決勝の朝。
起きて窓の外を見ると曇り空。でもまだ雨は降っていません。
なんとか天気が持ちますように、と思いながらサーキットへ。

バイクの眺めが壮観です。
d0107978_0542636.jpg

d0107978_0562052.jpg

d0107978_0583493.jpg

もう既に125ccクラスのレースが始まっていて、レースが終わるのを見計らって席に着きました。
d0107978_21292258.jpg
d0107978_21293996.jpg
d0107978_21295418.jpg
d0107978_21322851.jpg
d0107978_21324897.jpg
d0107978_2133196.jpg
d0107978_21333245.jpg
d0107978_21334779.jpg
d0107978_21335974.jpg
d0107978_21341524.jpg
d0107978_21342847.jpg

このまま天気が持ってくれそうな感じがしたのですが、まさにMotoGPクラスのレースが始まる直前に雨が降り出しました。
それでも最初は小降りだったので、レース中盤までは大いに盛り上がって観戦していました。ドピュニエとギュントーリがトップ争いをしたところは、最高潮に盛り上がって楽しかったです。
でもそのあと、雨がだんだん激しくなり、土砂降りに。寒さも加わって、見るほうもかなりつらい状況に。バーミュレン、こんなに激しい雨の中、なんであんなにスイスイ走れるんだろう?

d0107978_2204737.jpg
結果はまたブリチ゛ストン勢の圧勝でした。
d0107978_2233322.jpg

これは翌日のスポーツ新聞から。

レースが終わると、みんな一斉に立ち上がり帰りを急ぎ、人・人・人の大渋滞の中、私もバス停へと急いで向かいました。そしてバス停についてしばらくすると、雨は上がったのでした・・・まったく、なんという雨の降り方でしょう。
[PR]
by millejardin | 2007-05-26 22:18 | GP観戦
フランスGP 2007
MotoGP第5戦、フランスGPを見に行ってきました。

d0107978_2111533.jpgフランス行きを決めたのが割りと直前で、準備の期間も少なく慌ただしい旅立ちとなりましたが、航空券が取れたので、なんとかなるさ、とばかりに行くことにしました。
レースチケットもネットショップでゲット、1週間前でしたが、指定席が買えました。ル・マンのサーキットで受け取りなので便利です。
あとは、宿泊ですが、ネットで調べてもル・マンのホテル情報はなかなか得られず、GP期間中では空室は見つからないかもと思い、さっさと諦めて他の町で探すことに。パリから通ってもいいけど、もう少し近くの町がいいと思い、地図で調べて、アンジェ、トゥールという町のあたりで探してみました。そしてトゥールで予約が取れたのでそこに決定。

19日、トゥールからル・マンに行ってきました。
ル・マンの駅からサーキットの近くまではバスが運行しています。バスから降りて歩くこと、15分ぐらいでサーキットに到着。アクセスは非常に楽です。
d0107978_2352586.jpg

入り口手前のウェルカムセンターという所でチケットを受け取り、入場して自分の席を目指します。
グラスタ席と「Carrefour」というところが売り切れていて、新しく出来たという「GarageVert」というエリアを買ったのですが、ここは遠かった・・
d0107978_03856.jpg
d0107978_033146.jpg

ダンロップの橋を渡って、
d0107978_045479.jpg

もうすぐかなと思ったら、
d0107978_06188.jpg

今度はトンネルを潜って、
d0107978_072960.jpg

またしばらく歩いて、やっと到着。
d0107978_081719.jpg

ここは、左側がKTM,右側がKawasaki応援団になっていました。
「しまった、ライムグリーンと黒のTシャツを持ってくればよかった」と思いながら自分の席へ。(←お調子者)
d0107978_015539.jpg

MotoGPクラスが走行中でした。
d0107978_0164128.jpg

歩いている時にパッと目に飛び込んできたのが、中野選手。正直言って走りに勢いがなくて、まだ不調から抜け出せていないのかなぁ、という感じがしました。なんとか調子を上げてほしいですが。

あまり遅く帰りたくなかったので、この日は早めに帰路に着きました。
夜、天気予報を見ると、翌日は見事に雨マーク。雨のレースになったらいやだな、と思いながら眠りに就きました。
[PR]
by millejardin | 2007-05-25 23:53 | GP観戦