イタリアGP 2005 道中記
MotoGP第6戦、イタリアGPが始まりました。
ドゥカティの1・2フィニッシュの目論見が当たるか、が今回の見所でしょうか?カピロッシも調子を上げてきているので興味深いところです。
予選結果は一位からストーナー、バーミュレン、ロッシ。面白いレースになりそうです。

d0107978_22293955.jpgイタリアGPは2005年に観戦に行ってきました。

「GP観戦」というカテゴリーも作ったことですので、ここでは2005年のムジェロ行きの道中を少し振り返ってみたいと思います。
予選2日目から行ってきました。まずはその日から。
まず最初に、宿泊はフィレンツェにしてそこから通うことに。ムジェロのホテルやB&Bを当たってみたのですが、予約が取れませんでした。

d0107978_22245485.jpg少し辺鄙な場所にあるようで、最寄りの鉄道の駅からサーキットまで約5km、どうやって行ったらいいのかわかりません。メールで問い合わせしてみると、町の中心からバスが通ってるとの返事です。
フィレンツェのホテルで、フロントのおじさんに尋ねて確認しました。おじさん、パソコンで調べてくれて、駅からバスがあり「バス停からサーキットまで500mだよ」これで一安心です。


d0107978_22451899.jpgところが実際はバスはなかったのでした。
最寄の駅、ボルゴ・サン・ロレンツォ駅に着いて売店のおじさんに「バス停はどこですか?」と尋ねると「ないよ」と言われてしまいました。そしておじさんは、お店の中の人達に向かって、「誰か英語しゃべれるやつはいるか?」(多分そんな感じのこと。イタリア語だったので。)と言い、


d0107978_2395380.jpg一人の若者が来て「ここからタクシーはあるけど、バスはないよ。僕は昨日歩いて往復したよ。」と答えてくれました。おじさん、さらに外に出て、タクシーの運転手さん?に「おーい、このシニョリーナを乗せていってくれ!」(多分ね、多分。)と叫び、順番を待つことになったのでした。
これで最大の懸念だった「サーキットにたどり着く」という目的が果たせそうです。


d0107978_23205886.jpgほっとしたのもつかの間、英語を話すイタリア人、ダヴィさんが、あと2人に声をかけて4人で相乗りすることになりました。「これで一人5ユーロだよ。」どうも恐れ入ります・・・
サーキットに無事に着くことが出来て、もう大丈夫と思ったのですが、ムジェロはなんだか混沌とした所でした。
中に入っても、バイクがばんばん走っていて轢かれそうになるぐらいです。排ガス臭いし。


d0107978_23314427.jpgそしてキャンピングカーがいっぱい駐車していてテントもあちこちに立っています。
エリア分けがされていないのですね~。ダヴィさんの「サーキットを案内してあげようか?」という申し出を受けてよかったです。ひとりだったら道に迷っていたかも。
サーキットをぐるりと一回りしてみて、コースに高低差がかなりあったのが印象的でした。
帰りは駅まで歩いて帰りました。まわりは家や建物もほとんどなく、一人だったらつらかったかも。あと1kmぐらいかというところで、通りがかりの人が車に乗せてくれました。人生で初めてのヒッチハイクです。ラッキー。
[PR]
by millejardin | 2007-06-02 23:56 | GP観戦
<< イタリアGP 2005 その2... ばら園 その5 >>