伝説のイラストレーター
今週は読書週間にしようと思いながら、なかなか雑事に追われて時間が取れませんが・・
「長沢節 伝説のファッションイラストレーター」
d0107978_2319529.jpgその昔、手芸大好き少女だった頃、愛読していたのが、「装苑」という雑誌です。
節さんは、そこで映画評を連載していました。
節さんはイラストレーターのほかに、水彩画家、美術学校の校長、ファッション評論家、映画評論家、エッセイストなど、多彩な活動をしていましたが、正直に言って映画評論家以外のことはあまり知りませんでした。
ただ、節さんの映画評は他の誰よりも一番好きでした。節さんがいいと言ったものは、本当によかった。映画評を通じて、節さんの審美眼というか、独特の美学にどんどん惹かれていきました。亡くなってしまったので、もう節さんの映画評を読むことは出来ませんが、今でも時々「この映画、節さんは何点をつけるだろう?」と思って映画を見てしまいます。
この本を読んで、再び節さんの生き方、美意識に触れました。大人であること、自由と孤独、愛すること。本当にカッコいい人です。
[PR]
by millejardin | 2007-05-02 23:53 | 読んだ本
<< Long Way Round 怒涛の追い上げ >>